失踪日記 失踪日記
吾妻 ひでお (2005/03)
イースト・プレス
この商品の詳細を見る


最近ホームレスに憧れてしまったのはこの本のせいだと思う。

「このマンガがすごい!」の05年のオトコ版のベスト5が、
(1)PLUTO、(2)DEATH NOTE、(3)失踪日記、(4)働きマン、(5)鋼の錬金術師
で「失踪日記」だけ知らなくて買ってしまったのがはじまり。

「漫画家本人が、仕事を投げ出してホームレスになったり、
拾われて配管工になったり、アル中で療養所にぶち込まれたりする」

という自伝で、本当はもっと悲惨だったらしいんだけど、出来るだけ笑えるように描いたんだとか。

確かに現実だったらもっと深刻なんだろうけど、かわいい絵柄でギャグっぽく描いていて笑える。
「1巻完結でマニアックなのに何でランキング上位に?」と不思議だったけど、
自伝の内容の面白さはもちろん、あれだけ陰鬱な生活を、面白く読める漫画に変えてしまった
ということがすばらしい快挙なのではないかと思った。

うん、ホントこれ読んでると、ゴミ袋を漁るのが楽しそうなんだよねー。
スポンサーサイト
Secret