上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・最近買った漫画

ボーイズ・オン・ザ・ラン 8 (8) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 8 (8) (ビッグコミックス)
(2007/12)
花沢 健吾

商品詳細を見る

いやー、ちはるちゃんがまた出てきましたねー。こえーー。
以前はもっといい子だったはずなんだけどな…
編集側からもいつのまにかひどいビッチな扱いでw(予告のあおり文とかひどい)
この漫画、心理的な描写はとてもリアル思考なのに、
出会い・再会においてはとことんエンターテインメントだなぁと思う。
そこが面白いのだけど。青山もまた出てきたりすんのかな?。ちはるの姉も出てくるか?
あとヌードモデルに対して盗撮だとかどきどきしたりとかする話があるけど、あの美大はひどい。
実際は黙々と観察してデッサンするだけだと思う。ああいうところもあるのかなぁ。
救出劇は本当爽快でした。胸があつい。ダサいほどにかっこいい主人公。


ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
(2008/01/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

アンコの足が溶けた?ところを鬼頭先生なら露骨に描くかと思ったけど描かかった。
ぼくらのの戦闘は、熱くなるんじゃなくて泣けてくるなぁ。死ぬ直前だからかなぁ。
日ごろのアイドル遊びを活かして逆転したとことか、泣ける。
過去の仲間たちも自分らの個性を活かした見せ場が多くて、ベタなんだけど、それがいい。
そしてカンジ、ていうか関さん…漫画で本当に泣くとか久しぶりなんですけど…
アニメのED歌うし…すげえよ。すげえよ。
IKKIは時々立ち読みするんだけど、ウシロの親、マチとコエムシなどの設定がアニメと同じで、びびった。
ぼくらのは独特な音のない感じがかっこいいな。


鈴木先生 4 (4) (アクションコミックス)鈴木先生 4 (4) (アクションコミックス)
(2008/01/12)
武富 健治

商品詳細を見る

いやー四巻は鈴木先生がしゃべりすぎw 「実は僕ナマ派なんすよ」とかいわれても。
話はおおまじめなのに、何でこんなに笑ってしまうんだろう。メガネが新しくなってるし。
続木先生壊れるし。カーベェの顔がどんどん丸くなって子鬼のような感じになってるし。
この漫画は本当すごい。絵柄が劇画的で古いと見せかけて、実はめちゃくちゃ新しいタイプの教師漫画。
線が荒いけど、あの線が人物たちの感情を何倍にも盛り上げてるんだと感じてきた。
内容が複雑すぎて、ドラマ化は不可能にちかいのでは。
鈴木先生は金八先生にはなれない。でもそんな鈴木先生がたまらなく好きなんだなぁ。

マフィアとルアーマフィアとルアー
(2006/12/04)
TAGRO

商品詳細を見る

これだけ古い漫画。TAGROさん。短編集。
「単純な絵柄を学びたいなー」という理由だけで買ってみたのだけど、
かなり気に入ってしまった。絵はもちろん、内容がw TAGROさんはこんなに暗かったのか!
中でも表題作のマフィアとルアーがすき。何度も何度も読み返したくなる不思議な魅力がある。
主人公とヤクザの息子が釣りをした話のあいだあいだに、
過去の主人公と元カノの別れ話が挿入されている形式で、
それぞれの話はつながりがないのだけど、読みきったときに、すさまじく心が洗われた気分になる。
こらやばい。うまく説明ができない。なんでだろう。
別にヤクザの息子と釣りしたことは大して重要なことではないのに。なんでこんなに感動するんだろう。
TAGROさんの他の漫画も読んでみようと思った。他はもっと明るいか?
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。