鳴子ハナハル先生の少女マテリアルを読んだとき、脳天をカチ割られるくらいの衝撃を受けました。

話作りの構成力がほんと、半端なかったです。

せっかく出して準備していたナニもすっかり縮んでしまって、「ストーリーが適当かどうかは作家の志次第だ」と、説教をされている気分でした(笑)
スポンサーサイト
Secret