上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主にスピリッツで活躍中の浅野いにお先生の短編集「世界の終わりと夜明け前」を買いました。

「何かぼんやりとした不安を抱えた現代人が色々あってささやかだけど希望を見い出す」話が多いです。
短編がうまいです。背景やばいです。


昔からファンで、今までの作品の発表年月を表に整理したこともあるけど、
そしたら21才ぐらいからほぼ間を開けずにいくつも連載こなしてることに気付きました。

しっかり者すぎるよ。
思わず「しっかり者じゃないかー!全然未来がぼんやりした若者じゃないじゃないかー!モラトリアム有効活用しすぎ!」って叫んでしまった気がします。

「どんなになよなよした人物が多い漫画を描いていても浅野先生はまぎれもなくしっかり者だなあ」と
最近は読む度にそんなことを考えてしまいます。

あと浅野先生はフラワーカンパニーズの「夜明け」って曲が好きだったりするのかなと思いました。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。