先月のLO表紙のキャッチコピーはゴールデンウィークをふまえたものだったのか!
と、ゴールデンウィークに入ってから気づきました。


自分は、
「キャッチコピー・予告・編集後記・
アンケートページ左下の個人情報のギャグ(ここ大事!)、
を読んでから漫画を読み始める歪んだLO読者」の1人なので、
キャッチコピーについて言及したりしているブログを読んだりするのは楽しいです。
(というかLOの感想ブログの面白さは異常ですね。
アパートにネット環境がないため
携帯からちまちま見ているので全部は見れてないですが…)


話は戻って
「ロリコンも、今日はお休み。」というキャッチコピーですが、これは、
「いつもロリロリ言ってる人」に対して、「たまには休め」とやんわり言ってるのかなーと思ったりしました。

たまにいると思うのですよ、
リアル知り合いでもネット上でも、ロリコンキャラであることがアイデンティティーみたいな人。
今の時代、(仲間内なら)ロリコンネタはキャッチーなギャグですし。

好きなんだからその人の自由ではありますが、
ただそれが行き過ぎると、ちょっと盲目的・反射的な感じになって、
何かあるたび「ようじょ!ようじょ!」としか言わないような「キャラ」になってしまって、
それは逆に、薄いロリコンになってしまうのではないかと、思ったりします。

だから、
ロリコンが「ロリコンであること」をたまに休んで、
距離をおいて考えてみたり、
別のことに目を向けたりしてみると、
より深いロリコンになれるんじゃないかと。
(ロリコンっていうか、単純に人として
「視野を広くもとう」とかいう類いの話かな?)

そんな意味が1割ぐらい込められてるのではないかと、深読んでみた次第です。


行き過ぎた深読み考察は端から見て時々大変寒々しいですが、スイッチが入ると止まらないですね…


・余談
こないだエヴァを久しぶりにレンタルで全部見終えて、
今さら「ガフの部屋って何!?」な気分になり、
謎解きサイトを携帯からちまちまと何日もかけて読んでしまいました。
すっきりしたようで、人に説明できる自信が全くありません。
自分にとってエヴァは
「謎を考察したくなっちゃう感じが最高のアニメ」という
位置付けなのだなーと思いました。
スポンサーサイト
Secret