先週か先々週の「アニソンプラス」っていう深夜番組に
テニプリの許斐剛先生が出ていました。
CDを出したようで。


ともするとナルシスト的な印象をもたれがちな許斐先生ですが、
インタビュー聞いてたら色々一周して
純粋にかっこいいなあと思いました。
デビューが突然決まって読み切り(うろ覚え;)を
3週間でほとんど寝ずに完成なければならなかったくだりに、
やっぱ週刊連載作家ってすごいなあと思わされました。
(僕自身だらけがちなので心底尊敬します。)

今SQでやってる新テニプリを読んでいますが、面白いですよ。
ガットが縦横2本のみのラケット使う高校生出てきますからね。
十字ラケットを描くにあたって
アシスタントさんとどういう会話をしたのか想像すると
温かい気持ちになります。
スポンサーサイト
Secret