上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大量のバイトのあまりの揚げ物をお土産に、実家に帰りました。
実家が近いと、夏休みだからといってまとめて帰ったりはしません。
バイトあるし。

・実家に、僕がカットをちょこっとだけ描かせてもらった大学の広報誌が送られてきたらしく、お母さんに、
「カッコイイ?」と誉められて思いがけずニヤけました。
この人は、もしも僕が「イラストレーターになる!」とか言ったら、
応援してくれる人だなと思います。(でも援助はしてくれないだろうなw)

・一方お父さんは、「お前の絵を、『うまい絵だねぇ?!』って誉めてくれる人はたくさんいるだろうよ。
でもそれを企業が見て、採用してくれるかっていうと難しいだろうな。」
とばっさり!
お父さんマジしびれるわ。
そういうこと人から言われるの始めてかも。

自分もだんだん自分の位置がわかってきて、そう思っていたけど、
とうとう人から言われた。しかも父。
でも何か「お前程度の絵でまだイラストレーター目指してるのか」と言われた気がして
ちょっとムッとしたので「別に今は目指してないよ。就職の事考えてるよ。」と断っておきました。
父は、昔から僕がそういう道に憧れていることを
何となく知っていたからそう言ってきたんだろうなぁ。
最近の僕の気持ちの変化は知らなかったろうけど。

うちのお父さんは、
頭が固くて、自分の考えが正しいと思ってて、
本の虫で、ニュースに敏感で、よく講釈をたれる人で、
よく的外れなことをぐちぐち説教する
ので、
僕も家族のみんなもいつも基本的に黙って聞き流しているのですが、
最近気づきました。
それでも僕のことをよく考えてくれてて、はっきり意見を言ってくれる父です。
そう思うと、今回言われたことも、何故か納得して安心してしまうのです。
これからは父と出来るだけ話したいな?と思いました。(美談)


…まぁ「安心したのは、夢を諦める後押しになったからでは?」
と言ったネガティブな発想も出来ますけどね。



・僕の夢とか将来どうしたいとかは、また別の機会に話したいです?。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。