上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「描かないマンガ家」購入いたしました!
(漫画家ではなくてマンガ家でした)
近所の本屋になかったので…自殺島は入荷してたのに!


通して読みましたが、めちゃくちゃ面白かったです。

何回か立ち読みしてたときは
「僕もあんまり描いてないからこういうダメ人間ギャグ漫画は慰めになるなあ」
みたいな補正がかかっていたような気がするんですけど、
なんでしょうこの漫画、予想以上にスゴい漫画な気がします。

毎回のテーマ設定がしっかりしていてギャグ漫画ながら1話1話がホント濃いです。

刃先生(僕はこの名前で呼びたい)の調子こいた発言、
対比的に描かれるキャラ達の考えや悩み、
見せ場の「お前が言うな」な決め台詞。
それらは、実際の漫画を取り巻く人達の脳内妄想、切実な気持ち、憧れを代弁しているようで、
非常によく練られた漫画だと思いました。

刃先生、描かない癖に強気にカッコいいことばっか言うんですけど、
毎回の見せ場が本当にカッコよくて…
(そのカッコよさこそオチのための前降りではあるのですが)
クラスメイトの長妻さんも言っているとおり、頼もしいヤツに見えるんですよね。
演出が上手すぎ!

後、痛い人をバカにするだけの漫画でないのがすごくいいです。
周囲の人も悩みがあったりして、時に刃先生の言動に救われちゃってるがいい。
でも一向に中身の伴わない刃先生が愛くるしい。

「黒歴史をえぐられるのが好きなドM向け」な漫画かなという先入観もあったんですが、
むしろ、
「誰にでも多かれ少なかれあった痛い妄想とか、もう笑い飛ばしちゃおう!
ほらこんなヤツもいるし大丈夫大丈夫!」
みたいな不思議と明るい気持ちになる漫画な気がします。
笑いによる黒歴史治癒薬、的な?

本当ギャグ漫画で良かったです。
多分もうちょっとでもリアルな空気だったら(げんしけんぐらい?)、女の子達と何故か仲がいいとことかムカついて仕様がないと思います!

反面教師的な漫画でもあるし、とりあえず全国の漫画系学校の入学生には
手塚治虫先生等の漫画を薦めるより、この漫画を1冊渡すようにすると何か面白いことが起こるような気がします。


長々かいてしまった…
これを読むとブログで漫画を語るのに怯えてしまうんですがw
多くの人に薦めてみたいです。

僕も刃先生みたいな無根拠な自信が欲しいです…!

ちなみに1番笑ったのは「クワラルンプール」のコマでしたw
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。