上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.18 バーニング
・先日のネオさんちでの
アニメ『Kanon』京都vs東映徹底比較検証
うけたと同時に、とってもためになりました。
原作ゲームからどこを取捨選択したのか、
忠実に再現しようとしたシーンやセリフ、
逆にオリジナリティが盛り込まれたシーンなど、
違いをみると面白いです。

まぁ明らかに東映→京都とクオリティアップしてるわけですが、
単純に技術あるなしだけではなく、
ストーリー構成やテンポ、カメラアングル、キャラの魅力等を
もっと良くするための「推敲の過程」として参考になりました。
まぁコミッカーズ等に出てくる投稿漫画の
添削前と添削後といいますか…(東映に失礼だ



・バーニング
ファイアと同じ炎系だが、自ら火達磨となり真横に飛べる能力。
敵を攻撃するのはもちろん、素早く移動したい時にも使えて便利。
壁に向ってぶつかると少し上にはねるので連続すると上に上がっていく。
↑動きが面白いのでとりあえずむやみにやる。
堅いブロックも壊せる。導火線に火をつけられる。

Bボタンを素早く2回押すとバーニングが半歩分ぐらいで解除される。
(どうでもいい

中ボスのバーニングのライオン(ていうかバーニングライオン)が
通常低空バーニングの所を、まれ????に空中でバーニングするので、
それ見たさに飛んで上に引き付けつつ戦いを長引かせる。
(どうでもいい

EDで見られるボス戦の見本(?)では、
3面の、月と太陽のボス(Mr.シャイン&Mr.ブライト)に対して
バーニングを使っていたと思うが、あまり意外性は無い。

関係ないですが小学生だった当時、
「バーニングで真上方向にも進める」という夢を見て、
もしやと思い早速試してみましたが、無理でした
ともかく、バーニング、好きです。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。